アクセスカウンター

ベイシー写真館

Basie Diary 2019年

写真はクリックすると拡大されます

2019.10.05 昨日は天気もイイし、急に思い立って近場の東かがわ市の引田城へ登城しました。ここは徳島の勝瑞館、一宮城と同じ続日本100名城に選ばれた城で高松、丸亀城と同じく生駒氏の城でしたが1615年の一国一城令で阿波九城と同じように廃城となった城です。城は引田の突き出た半島にある城山(標高86m)の山頂にある平山城です。山登りも今年初めに東みよし町の東山城へ登った時に大怪我をしてからそれ以来で、たかが86mとたかを括ってましたが本丸、二の丸等の郭(くるわ)が尾根伝いに散らばってますので登ったり、降りたり結局3倍位の標高差がある感じです。しかも階段・手摺は無しの山肌むき出しでメチャキツイ、登りはイイけど下りは滑るのでメチャコワイ、ヘタしたら東山城の二の舞になりかねません。そんなこんなで4時間かけて無事降りてきましたが収穫といえば古〜い野面積みの石垣だけ、しかも一部は崩落の危険があるとの事でシートが掛かった状態(聞けば2〜3年この状態だそう)でした。東かがわ市も指定史跡ならばもう少し整備して欲しいネ。

2019.9.29 前回のWCに続いてまたもや日本チームの大金星、相手はなんと世界2位(大会始まる前は1位だったのョ)のアイルランド。前半はアイルランドがキックパスを有効に使い2トライ(1PG)、日本も怒涛の攻めで相手ディフェンスにプレッシャーをかけ相手陣で反則を誘って田村が3PG、これが大きかったネ。前半30分過ぎからリーチ主将も入って後半はFWがよく頑張り、モール・ラックも7割方支配して、タックルも2人がかりで相手の突進を止めた。後半30分過ぎには自陣ゴール前のモールで姫野選手が相手のノットロールアウェイの反則を誘ったり、終了間際に福岡選手のインターセプトで50m独走(惜しくもトライはならなかったけど)で大きく陣地回復してノーサイド。今回の勝因はなんといってもFWの頑張りとスタンド田村選手の14得点(3PG、1コンバージョン)に尽きます。これでグループ1位通過も現実味を帯びてきました。

2019.9.22 今、私が受講しているシルバー大学の講師で「古文書に親しむ」や「阿波公方について」を教えて頂いている
出水康生(いずみ こうせい)という先生がおられます。
この方「三好長慶をNHK大河ドラマに!」という会を主宰されている方で受講していても、阿波弁丸出しで喋るけど退屈しない
実に面白い先生です。三好長慶については先日NHKの「歴史秘話ヒストリア」で取り上げられましたが、2022年が長慶生誕500年という記念の2022年に取り上げてもらおうと活動しています。署名活動もやっていますので賛同して頂ける方メール(info@basie.mobi)でお願いいたします。

2019.7.17  60年前の今日、1959年7月17日、偉大なジャズ歌手ビリー・ホリディが亡くなった日。
ビリー・ホリディって誰?と思われる方が殆どでしょうがアメリカの「レディ・デイ」の呼称で知られる黒人女性ジャズ歌手です。サラ・ヴォーンやエラ・フィッツジェラルドと並んで、 女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家の1人に数えられる人です。人種差別や、麻薬・アルコール依存症との闘いなど壮絶な人生を送ったり、ジョン・レヴィという2流ギャングのチンピラに稼ぎを吸い取られたり数奇な人生を送った歌手です。多くの人々を魅了したその声も晩年にはかれ、音域も極端に狭くなっていた。 しかし、なお情感豊かな唄声は他に並ぶ者がないほどの高い評価を与えられ、ジャニス・ジョプリンをはじめとする多くのミュージシャンに影響を与えています。 彼女の生涯に於いて代表的なレパートリーであった「Strange Fruit (奇妙な果実) 」や「God Bless' the Child 」、「I Love You, Porgy 」、「Fine and Mellow 」は、後年、多くのミュージシャンに取り上げられるジャズ・ヴォーカルの古典となりました。
とりあえず下の2曲聴いてみて下さい。
     I’m A Fool To Want You       The very thought of you
1曲目のI’m A Fool・・・は、もう余り満足に声も出ない時のビリーですがやはり凄い様々な悲しみや切なさがじわっと伝わってくる感じで本当に切ない音楽です。そんな曲聴かなきゃいいのにと思うけど何故かたまには聴きたくなるんですね。バックのレイ・エリス楽団もビリーの歌に寄り添う様に切なくしかも美しいです。
2曲目のThe very・・・は92年のメル・ギブソン主演の映画「For Ever Young」の中でメル・ギブソンが恋人のヘレンと劇中、部屋の中でのラブシーンの際に流れていた曲です。「The Very Thought of You」訳すと「いつも貴方のことばかり考えてしまう」。ビリーが情感を込めてしっとりと歌っています。

2019.06.17 明日NHK 歴史秘話ヒストリアは三好長慶の話。NHKの歴史秘話ヒストリアは「信長より20年早かった男 最初の“天下人”三好長慶」ということで取り上げられます。長慶と言えば県内でも長慶が生まれたとされる芝生城の三野町や居城の飯盛山城があった大阪、大東市が2022年の長慶生誕500年となる2022年の実現を目指して長慶を主人公にした大河ドラマの実現を目指しているとのことで益々の盛り上がりが期待されると思います。

2019.06.15 昨日から1年間シルバー大学校へ入学です。
受講科目は「歴史・文化」、2年間応募者多数でハズレばかりでしたけど今年やっとこさ受かりました。 今年も30名の定員で60数名の応募があったそうだけどラッキーと言えるのかな。 とは言っても試験はありませんけどネ。 受講科目の中には”古文書に親しむ”なんてのもあるそうで今から楽しみです。

2019.06.05 只今私の住む団地のホームページ制作中に付き当サイトへの投稿はお休みしてます。

2019.05.15 昔私の好きだった、米歌手・女優のドリス・ディさんが亡くなりました、97才・・・悲しいねネ・・・合掌。
1956年、ヒッチコック監督のサスペンス映画「知りすぎていた男」の劇中で歌った「ケ・セラ・セラ」YouTube

2019.04.27 徳島県シルバー大学、合格しました。
6月7日阿波銀ホールで入学式で1年間頑張るゾ。

2019.04.22 19・20日の両日、娘夫婦の招待で東京へ。20日に品川の高級和食店へ(うっかりして店の名前見てません)。先方も両親とご一緒で父親はナント教育関係のエライ先生とかでそれも歴史関係だそうで著書もあるとのことです。徳島にも小松島に友人がいるそうでよく来られるとの事。
同じ歴史好きでもエライ格が違うので最初は恐縮したけど話してるうちに気さくな方で話も弾み、あっという間の2時間でした。会食も終わり飛行機の時間まで余裕があるので近くの赤穂浪士の墓所の泉岳寺まで案内して頂きました。
    泉岳寺写真はコチラ

2019.04.15 私のキライな有名人、タレント

  • マツコ・デラックス・・・テレビに出たら即!チャンネル変える、見苦しい。CMなんかよく出るけど何が人気なんかよー分らん。
  • 安倍晋三・・・・・・・・野党支持でもないけど政治姿勢が我慢ならん。威光をカサにきて私物化しとる。
  • ミッツ・マングローブ・・けばけばしいオカマだね。あの鼻見てたら気持ち悪い。
  • 美川憲一・・・・・・・・これもしかり、あのネチーとした喋り方身の毛がよだつ。
  • 笑福亭鶴瓶・・・・・・・この人、私生理的に受け付けられません。

    あくまで私の個人的見解です、悪しからず。

2019.04.01 今日新元号が発表なりました。過去の年号でなんて文字初めてだそうで歴史好きの私としてはイマイチ、ピンときません。どうせなら和令の方が字のバランスいいしカッコいいと思うけど"万葉集"から採用云々、ということだから逆というわけにもいかないけどね。まぁそのうち慣れるでしょ。しかし今平成が31年ってことは令和も30年経ったら私の歳も100超えますがな。とても生きてはおれませんでしょうな。

2019.03.09 今日は藍住町町民シアターにて、勝瑞城シンポジウム「阿波における細川氏の守護支配と勝瑞」聴講に
行きました。昨年度は”三好氏”に関する講和でしたが今年度は三好氏より少し前の”細川氏”です。
一部は室町・戦国時代初期の阿波守護細川氏の支配と権力ということで一時間。二部は勝瑞城館の発掘調査報告で一時間。三部は4人のパネラーによるディスカッションでした。初めて聴く事項等、大変勉強になりましたが、一部パネラーの方、声はデカイけどエライ早口でちょっと理解できなかったのが残念!!

2019.02.25 昨日夜は秋田町・栄町で開催されている徳島ジャズストリートに行きました、10年ぶり位です。
今回は開催店舗が12店、演奏は39グループ、10年前と比べたら随分盛大になっています。チケットは1ドリンク付きで前売2,500円、店は12店舗どこでも自由に出入りし放題です。てなことで最初は2丁目角にある”スイング”。が、ドアを開けると階段から人でいっぱい、かき分け上っても見えるのは人の頭ばかり、しばし音だけ聴いて早々に退散、2軒目は”Pパラダイス”ここは8時からちょっぴり有名なレイモンド・マクモリーンカルテットでちょっと期待して行ったけどダメ、辛うじて演奏者の顔が見えるだけピアノなんて座ってるから全然見えない。ここも20分だけで退散。3軒目は栄町の”ジャズキャビン88”ここでは依然友人がライブハウスやってた時よく出演していた”大崎弘一トリオ”(写真)。ここは勿論座れなかったけど全体が見えるし、ライブ見に来てこーでなくちゃね。女性のピアノ、ベースはイマイチだったけど大崎さんのドラムはサスガ、ドラムソロは圧巻でした。

2019.02.20 先日、町の図書館で「新選組100話」という本を借りました。その中に「新選組美男五人衆」というのあって『同志連名記』には
楠小十郎・馬越三郎・山野八十八・佐々木愛次郎・馬詰柳太郎の五人が載っているそう。中でも馬越三郎は阿波出身であまりの美男ぶりに副長助勤の武田観柳斎にしつこく言い寄って来られて逃げ回っていたそう。ある時、武田観柳斎は薩摩藩と通じているのが分かり馬越が密告し武田が粛清された。しかし武田が消されたあと、密告した馬越を武田の仲間に命を狙われそうになりそこで土方歳三が武田に手当てを渡して郷里の阿波に帰した。新選組が脱隊を認めた唯一の例外処置だそうである。
他にも色々阿波の歴史上の面白そうな四方山話あるのでまた発表しますね。

2019.02.09 昨日、ゆめタウンのコーヒー店「サンマルクカフェ」で一服してたらBGMで久しぶりに聴くウエス・モンゴメリーの「フルハウス」がかかりました。この曲私がジャズLPレコードを収集しだして確か3枚目位に買ったレコードで当時は本当「耳タコ」状態で体を揺らしながら聴いていたレコードです。残念ながら大量のLP・CDとも今は経済的理由で処分して有りませんがね・・・トホホ。しかし今はネットでYou Tubeやジャズのラジオ番組ワンサカあるので不自由しませんけどネ。
てなことで昨日は帰ってから上記レコード無いので代わりに数年前富田町のライブハウス「フルハウス」でやった和製モンゴメリーの「宮之上貴昭」のライブCDをタップリ聴きました。

このアルバムの詳細ページ

You Tube ウエス・モンゴメリー「Full House」

2019.02.02 怪我から今日で丁度1ヶ月、まだ痛みはあるけど家でパソコンばかりでは体もなまってくるし
久しぶりにドローンの操縦練習しようと吉野川の河川敷まで散歩がてら行くことに。幸い周りは殆ど人はいなくてラッキーです(下手な操縦はカッコ悪いし、人に怪我させたら困るしね)。
しかしこんなオモチャみたいなドローン、操縦なんてチョロイもんだって思ってたけどイザやってみたらメチャムズイ、まず上昇下降は勿論簡単だけど水平移動が思うように出来ません。というのも機体がどちらを向いているか瞬時に判断しなくてはなりません。機体には写真の様に前後に緑と赤のランプが点いているけど少し上に上がったら分かりにくい(特に天気のイイ日や、オマケに怪我で首があまり上向けないんでね)。前後左右は機体の向きで全然反対になるからね。レバーもデリケートに操作しないとパニックになって何処へ飛んでいくか分かりません。今日は何度も緊急着陸で墜落でした。

2019.01.04 今年の正月、1日に地元の氏神様に初詣に行っておみくじ引いたら"吉"マァマァじゃんと思ってたら、
2日につまづいてころんで顔から地面に激突、救急車で運ばれて15針も縫う大怪我、おまけに顔から落ちたもんだから首を痛めて横向くこともママならず、運転もできず、寝たら寝返りもできない、最悪のスタートです。

2019.01.01 新年あけましておめでとうございます。


過去の日記[2018][2017][2016][2015]