ローズアーチの製作

写真はクリックすると拡大されます

1.

ローズアーチを作りました。以前の合成写真ではテラスの入口に作る予定でしたが色々不都合があり店のウインドの前に設置することに。従って通り抜けは必要ないので正面はネットを入れることにしました。

ローズアーチ(pdf)

2.

まずはアーチ部分から、CADで1/2の縮尺で図面を起こしました。60度、1/6円の木取りのため材料を効率よく取るためSPF材の幅138mmの板に決定、長さ6尺の1/4で450mmでカット、1/6円だと450mmで12枚必要なので6尺の材だと丁度3枚でOK!

ローズアーチ詳細図(pdf)

3.

SPF材を450mmにカットしたら、トリマーのガイドの当てを外して変わりに長さ50cm位の木を取り付けそれをコンパス代わりに使います。内側の円340mmはトリマービットの外側、外側の円429mmはビットの内側(中心から)でカット。厚さ19ミリの板を一気にカットするとトリマーが暴れる恐れがあるので深さ10ミリ位づつ2度切りするようにね。それからコンパスの芯(センター)出しは正確に!全部で60度円が10枚、30度円が4枚、全部切ったらあたり一面ホコリまみれ!やる時はマスクした方が健康にもヨロシ!!

4.

切り落とした材を交互に180度円になる様にビスとボンドで貼っていきます。貼る前に接続部分はパテがのりやすい様に少し面取りをしておくといいと思います。ビス穴、接続部すべてパテを入れたらサンダーかけ、私はベルトサンダーでやりました。番手#60位のペーパーを使えば少々の目違いもあっという間に削れます。
ベルトサンダーも、あれば非常に重宝しますからぜひ1台持っていたほうがいいと思います。

4.

今度は飾りの字の掘り込み。PhotoShopで字体フォント(Cooper Std)文字に円弧のワープをかけて
プリントアウト(写真1枚目)、 それをカーボン紙を敷いて上から輪郭だけなぞり(同2枚目)、
あとはトリマーの3mmビット深さ5mm位で掘り込み、(同3枚目)
彫る際はトリマー回転が速いのでゆっくり慎重にね!

5.

上・下段接続部の板の面取加工。図面では下段サジ面となってますが、サジ面のビットを紛失したみたいで、急遽ボーズ面に変更。上段は予定通りギンナン面です。

6.

下部本体の組み立て。上下の框は柱が75×38のSPF材でそのまま横から止めると120ミリ位のビスが
必要なので上框は35ミリ程欠いで上からビス止め、下框はしゃくって下からビスをナナメ打ちしました。

7.

塗装は手持ちの塗料で全部すませました。白はアッシュホワイト、
ブルーグリーン色はニースグリーン(コーナンで購入)イラストとロゴはフツーの赤と緑。
外部設置だから2度塗りしました。
下の枠に木の反りが出たらしく上下を合わせるのが難しく手間取りましたね。
まっ、ド素人の工作だからこんなモンでしょ。

8.

下部本体にネットの取り付け!ネットはコーナンで左官用の3mm径100□の大きさ1m×2mサイズ、税込みで400円足らずの安いものだけど、ケチッて1枚にしました。なので正面の分をとると残り30cm足らず、従ってサイド(妻側)は図面の半分少々の外寸20cm位になりました。ネットの押さえ桟はこれまたケチッてそこらの端材をかきあつめて12mm□に割って白で塗って完成!!

9.

完成!