▲TOPへ戻る

ベイシー写真館

■徳島県の他の古城跡

阿波市 西条東城(さいじょうひがしじょう)

 阿波九城(西条城)参照

土成町 秋月城(あきずきじょう)

城の形態平山城
史跡市指定史跡
所在地徳島県阿波市土成町秋月
規模237m×356m
城の歴史この城は南北朝期に、四国大将、四国管領として四国の守護に号令した細川氏の拠点である。建武3年(1336年)足利尊氏が京都での戦いに敗れて九州へ落ちる途中、再起を期して一族の細川和氏と細川顕氏らは四国へ渡り兵を募った。秋月城は地元の豪族秋月氏に迎えられてこの城を築き居館した。和氏のあと弟細川頼春、子の細川頼之らが居城したが、貞治2年(1363)頼之の弟詮春は藍住勝瑞城に移った。その後は秋月氏一族がこの城を守っていたが長宗我部の侵攻により落城。
築城年代建武3年(1336)
築城主細川和氏(かずうじ)
主な城主森飛騨守
城の現状現在、秋月城歴史公園として阿波市指定史跡に指定されている。
秋月城跡公園入口案内秋月城跡石碑秋月城跡石碑細川和氏の墓
一緒に祀られている秋月城主及戦没将士の墓等の墓石群安国寺跡石碑安国寺跡石柱和氏作護煕書と
書いてあります
安国寺跡安国寺跡の上方にある溜池
この上が本丸なので堀跡かも
安国寺跡から南を望む秋月城跡
作図:田所眉東氏1936年

土成町 原田城(はらだじょう)

城の形態平城
別名吉田城
史跡市指定史跡
所在地徳島県阿波市土成町吉田字北門
歴史薬師寺阿波守政村は、承久の乱後、武蔵の国府(現在の東京府中市)から入国した。城の面積は540aの広さで相当大きな城だったことが伺える。
築城年代承久3年(1221)頃
築城主原田右亮義実
城の現状城跡は高速徳島道土成インター南の交差点を西へ約200mの処の民家のスグ横、土成町が建てた石碑があります。撮影するには完全に不法侵入になるのでお家の方に許可をもらって撮りました。周りは住宅密集地で偲ぶ面影は一切なし。
土成町の建てた原田城跡民家の西側にあります

土成町 郡城(こおりじょう)

城の形態平城
史跡市指定史跡
規模150m×100m
所在地徳島県阿波市土成町郡・市場町伊月
城の歴史この柿原氏は貞治元年(1362)の白峰合戦に細川頼之の部下として参加し細川清氏に討たれた柿原孫四郎の子孫。その後永享年間(1429〜41)原田大和守信久がこの城に拠った。その後上桜の合戦で篠原長房の部下として加わり柿原源吾ら一族と共に滅んだ。城跡地は城ノ内という地名が残る。
築城年代南北朝期
築城主柿原孫四郎
城の現状善入寺川が吉野川へと流れ込む河口の西手、堤防すぐ下に石碑がある。
土成町の建てた郡城遺跡郡城遺跡郡城の偲往昔石板北側堤防上より

市場町 切幡城(きりはたじょう)

城の形態平城
史跡市指定史跡
規模90m×100m
別名神ノ木城・山野上北城
所在地徳島県阿波市市場町切幡字神ノ木
城の歴史鎌倉末期に小笠原長直がここに館を築いた。永禄・元亀の頃森飛騨守高次がこの城に入ったが天正7年(1579)脇・岩倉の合戦で戦死。
築城年代永禄年間(1558〜70)
築城主森飛騨守高次
城の現状城跡は柿ノ木谷川と観音谷川が交わる扇状地で城跡推定地の北に鎮守明神があり、その北西隅に森氏末裔が建てた石碑がある。
切幡城跡切幡城跡鎮守明神城跡から見た10番札所切幡寺

市場町 山野上城(やまのうえじょう)

城の形態平城
別名仏殿城・細川隠居城
規模40m×80m
所在地徳島県阿波市市場町山野上字中山
城の歴史阿波秋月城に拠点を置いた細川和氏を継いだ細川頼春は吉野川南岸の南朝方に備えて城を築いた、秋月城の支城である。また城の東北に梵光寺を建立して鬼門の鎮めとした、後に仏殿庵と称したので仏殿城とも呼ばれた。戦国期の終わりの永禄年間(1558〜70)に原田備後守秀兼がこの城主になった。秀兼の子久右衛門は天正10年の長宗我部の侵攻により戦死。
築城年代永禄年間(1558〜70)
築城主原田備後守秀兼
城の現状城跡は市場町山野上の段丘面先端に位置して当時は南が断崖、東西北は濠に囲まれていたそう、城跡南端から見ると当時は吉野川南岸も良く見渡せるし城の立地としては最高である。西約0.8kには立地環境が同じような香美城があり、北1.7kに秋月城がある。北東約500mの処に、仏殿城の由来となった梵光寺(仏殿庵)がある。
山野上城跡山野上城跡北側曲輪跡南側曲輪跡
改修された古井戸仏殿城の由来となる
仏殿庵(梵光寺)
町指定史跡、梵光寺

市場町 香美城(かがみじょう)

城の形態平城
所在地徳島県阿波市市場町香美字郷社ノ本
規模80m×100m
城の歴史藩政期の『城跡記』では香美城主、香美馬之亮天正10年(1582)長宗我部元親の侵攻による中富川の合戦で戦死。
築城年代戦国期
築城主香美馬之亮
城の現状寛永3年(1626)に再興され明治3年郷社となった式内社建布都神社が城跡である。城跡を南から見ると5m程の台地になっている。神社の社地は凹凸もなく大変広くなっている。社地の東南部に横穴石室墳の建布都神社古墳や、上に応安の年紀(1368〜1375)が記された板碑がある。
香美城縄張り図
辻佳伸氏作図
香美城跡(建布都神社)建布都神社(曲輪跡)神社裏大変広い曲輪跡です
市場町古墳・応安の板碑

市場町 日開谷城(ひがいだにじょう)

城の形態山館
別名城ヶ丸城
規模40m×70m
所在地徳島県阿波市市場町日開谷字岩野
城の歴史新田義宗は義貞の長子で応安元年(1368)、越後・上野で上杉氏に敗れて出羽の羽黒山に逃れた。その後、伊予に渡り、讃岐を経てここに入り、一宮・三ツ木・木屋平・菅生など、剣山周辺の山岳武士団や四国の南朝方の諸将と連絡しながら、この城の東南4kの秋月城に本拠がある北朝の細川氏と戦ったが、ついにここで亡くなった。本丸の新田神社は天照大神と新田義宗・脇屋義春の三柱を祀る。
築城年代南北朝期
築城主新田義宗
城の現状県道246号線から城王神社参道(林道)への標識があり。車での対向も出来ない道が延々と続き、途中崖崩れの箇所もあって大変危険な思いで登りました。大変高い山で車の駐車出来る所で標高520m、そこから尾根伝いに630mの頂上本丸へ徒歩で。日本城郭体系では隼人丸、本丸、物見の城や新田池、空堀等が遺構として残っているそうだが、空堀のみ消滅していて、他は比較的に遺構は残っている様です。
城王山遠景(中央高い山)県道246号線から城王神社
への参道(林道)分岐
駐車場にある神社鳥居駐車場、ここで標高520m
尾根を延々と急勾配の坂途中の登城王大神遂に到着、ここが隼人丸
城王神社城王神社、幕は丸に一つ引新田氏の紋、丸に一つ引主郭を北から
新田池物見の城ここが城王山最高所役行者
縄張り図(日本城郭体系)

市場町 仁賀木城(にがきじょう)

所在地徳島県阿波市市場町日開谷仁賀木
城の歴史南北朝時代に南朝方の新田氏が日開谷城に拠り、仁賀木城は里城の一つ。
築城年代南北朝期
築城主葛西氏
城の現状仁賀木谷川と西仁賀木谷川との合流地点に現在八幡神社が鎮座しており、ここが城址推定地。神社の社と随臣門の前の広い土地があり2段の曲輪になっている。
中央の林が城跡推定地八幡社随臣門

市場町 犬墓城(いぬのはかじょう)

城の形態平城
別名松永城
所在地徳島県阿波市市場町犬墓字大北
規模200m×300m
城の歴史天文9年(1540)から京都で三好長慶に仕えた。永禄7年(1564)長慶の没後は長慶の養子義継を三好三人衆らと支えたが、やがて畿内の主導権争いで三好三人衆と対立。永禄11年(1568)織田信長の家臣となったが、天正5年信長に対し謀反を起こし信貴山城(信貴山城の戦い)で自害した。
築城年代南北朝期
築城主松永弾正久秀
城の現状
犬墓(松永)城跡犬墓(松永)城跡南を見る犬墓(松永)城跡西方を見る

市場町 川人城(かわひとじょう)

所在地徳島県阿波市市場町上喜来岡・蛭子
築城年代不明
城の歴史『阿波郡誌』には上喜来の川人林という所に川人備前守が居館したが、天正10年(1582)、長宗我部のために焼かれたと伝えられている。
築城主川人備前守・坂東伊賀守
城の現状城跡は上喜来台地標高80mの坂東伊賀守神社付近と推定されている。神社の前に城跡碑と川人備前守の墓がある。南側は比高差10m程の断崖になっている。
川人城跡、右隅に石碑あり川人備前守の墓川人氏由来の石碑左の建物が坂東伊賀守神社
城跡の東西は崖になっている
坂東伊賀守神社

阿波町 久千田城(くちたじょう)

城の形態平城
別名朽田城
規模200m×80m
所在地徳島県阿波市阿波町大坪
歴史城主小野寺八郎は元奥州宮城の人で南北朝期に南朝方として海部郡に来て戦功をあげ後村上天皇から朽田五ヶ庄を賜り、ここに朽田城を築いた。のち数代を経て天正10年(1582)小野寺備中守は長宗我部の侵攻により落城、美馬郡の一宇に退いた。天正13年秀吉の四国征伐の時、土佐に帰る元親の甥長宗我部親吉を待ち受けた備中守の子源六は栂橋の天険で土佐勢を全滅させてその仇をとった。
築城年代貞治元年(1363)
築城主小野寺八郎
城の現状阿波町森沢の稲荷神社の北約100mの畑の中に小さな塚がある。約5m四方で高さ約5m、その上に城主を祀る祠がある。祠には登れるように簡単な木製の手摺もあるが木々がびっしり生い茂り登るのは不可能だが下には阿波町教委が建てた石柱あり。
久千田城跡久千田城説明板久千田城石柱塚の頂上に
城主を祀る祠と石柱
西より見た城塚塚の南から

阿波町 伊澤城(いさわじょう)

城の形態平城
所在地徳島県阿波市阿波町岡地
別名早渕城
規模200m×150m
城の歴史鎌倉期から伊澤氏が居城。戦国期には伊澤越前守頼俊が居城していた。天正5年仁宇谷に籠もった細川真之を攻めるため荒田野(新野)に出陣した三好長治を伊沢越前守頼俊は一宮成祐と共に攻め敗走させる。徳島今切城に籠もった長治を攻め長原(松茂町)で自殺に追い込んだ。頼俊は長治を滅ぼした後、板西(板野町)に城を築くために、山下の町屋に宿泊しているところを矢野駿河守、矢野備後守、三好越後守らに急襲され討ち死。
築城年代治承3年(1179)
築城主伊沢四郎太夫家景
城の現状城跡は伊澤神社すぐ西の蛭田池の西に少し小高い丘の上である。現在は市営団地や畑になっており、城跡碑は蛭田池の南、堤防上に建っている。この付近の地名は「字城の内」といい城跡の西側にも鎌倉堀と呼ばれた堀があったらしい。
伊澤城跡、写真右手伊澤城跡説明板曲輪跡
左の市営住宅も含めて
蛭田池
鎌倉泉跡伊澤神社上桜城篠原長房父子の首塚

阿波町 西林城(にしばやしじょう)

城の形態平城
別名赤坂城・日吉城・一夜城
規模80m×100m
所在地徳島県阿波市阿波町赤坂
規模80m×100m
城の歴史城主は三橋丹後守、天正7年(1579)矢野駿河守、森飛騨守等三好方の主力が戦死した脇城外の戦いの首謀者の一人とされる。
築城年代文明3年(1471)
築城主三橋上総守範清
城の現状城跡は王子神社北方、標高60mの尾根先端にあったらしい。尾根北方は徳島自動車道で分断されており、山林雑木の繁茂が激しいため登るのは断念。
王子神社城跡は神社の北方赤坂の丘陵

吉野町 西条西城(さいじょうにしじょう)

城の形態平城
所在地徳島県阿波市吉野町西条字蛇池
規模100m×50m
城の歴史西条壱岐守は近江源氏・佐々木氏の一流で、佐々木長綱の代より西条の地を領して、西条を称した。天正10年(1582)中富川の戦いで戦死、城も落城した。
築城年代戦国期
築城主西条壱岐守
城の現状西条東城から南西約1kに西条西城がある。周りは全て田畑であり、城跡部分だけ周りより1m強高地になっている。城跡の西に旧吉野町が建てた石碑がある。近所の人に聞くところによると城跡の前(北側)が今は埋め立てられた「蛇池」だったそう。
西条西城石碑西条西城跡、周りの土地より
1m強高くなっている
蛇池跡

吉野町 広長城(ひろながじょう)

城の形態平城
所在地徳島県阿波市吉野町柿原字植松
規模100m×50m
城の歴史『平家物語』によると、師光はもとは阿波国の在庁官人であり、板野・阿波両郡内で大きな勢力を持つようになった後、都に上がり少納言入道信西に仕え、やがて鳥羽上皇の側近であった藤原家成の養子となり藤原性を名乗った。師光は出家して西光を名乗った。その後、後白河法皇に仕え近臣第一と言われるまでになったが、治承元年(1177)に鹿ヶ谷の陰謀事件の首謀者として平清盛に殺された。
築城年代治承年間(1177〜81)
築城主藤原西光(近藤師光)
城の現状徳島県立阿波高校の正門入ってすぐ左に広永城の石碑があるが、実際は北へ約300mの字植松の若宮神社付近とされている。また阿波高校の敷地付近が西光屋敷だったとされ、高校のグラウンド北に「西光屋敷」の石碑がある。
広長城跡石碑
阿波高校校門入ってすぐ
西光屋敷跡石碑
阿波高校グラウンド内
若宮神社実際はこちらが城跡といわれています広長城跡右の社が若宮神社

吉野町 柿原城(かきのはらじょう)

城の形態平城
所在地徳島県阿波市吉野町柿原
規模100m×50m
城の歴史柿原源五は元亀3年(1572)、三好長治の猛攻撃を受けた上桜城主篠原長房(紫雲)に従い、一族の藤吾・新吾らと共に討ち死にした。その後城主となった子の義長も長宗我部との天正10年の中富川の合戦で戦死し、柿原城も落城した。
築城年代戦国期
築城主柿原源五
城の現状城跡とされるのは吉野川に架かる阿波中央橋北詰の東、堤防下に旧吉野町が建てた石柱(ただし倒れています)がある。このすぐ上の堤防上に「源太渡し」の石柱あり。
柿原城跡の石柱堤防上から見る

吉野町 源太城(げんだじょう)

城の形態平城
所在地徳島県阿波市吉野町柿原字二条
規模100m×50m
城の歴史『城跡記』には柿原邑(村)承暦・永保(1077〜83)の頃、主将佐渡前司重宗の嫡、佐渡源太重実、源頼光の孫とあり、『異本阿波誌』では「廃城源太と云処にあり、東北に堀あり南は吉野川也、秋月長門守出城と伝」とあり吉野川河畔の城であったことが分る。ここ柿原と鴨島町知恵島を結んだ源太渡しは、源太城に因んだものとされる。
築城年代承暦・永保(1077〜84)
築城主佐渡源太重実
城の現状城跡地不明
源太渡し跡

吉野町 篠原城(しのはらじょう)

城の形態平城
所在地徳島県阿波市吉野町柿原字シノ原
城の歴史『阿波郡誌』では城主は篠原某として特定できていないが、上桜城主篠原駟雲(紫雲)の祖ではないかと記している。
築城年代不明
築城主篠原某
城の現状城跡の石碑は案内神社の北約100mの処に建っている。神社の南に堀の残欠があり、神社内には県の指定天然記念物大クスがあります。
篠原城石碑案内神社神社前の堀跡神社南の池(堀跡)
案内神社大クス
徳島県指定天然記念物
大クス

吉野町 高畠城(たかばたけじょう)

城の形態平城
所在地徳島県阿波市吉野町柿原
城の歴史『阿波郡誌』に源義長此処に籠も拠るとあるだけで詳しくは不明。
築城主源義長
城の現状阿波中央橋の北詰を西に約200mの処に吉野町が建てた石碑がある。しかし城跡位置は明確な根拠に基づいて決められたものではないそうです。各種文献でも、源太城、柿原城と混同した記述か、もしくはこれらが同一の城跡の別称ではないかとも考えられるそうです。
高畠城跡石碑高畠城跡高畠城跡
奥左は阿波中央橋

吉野町 五条城(ごじょうじょう)

所在地徳島県阿波市吉野町五条
別名高志下野守屋敷(たかししものつけかみやしき)
築城主高志下野守清之
城の現状県道14号線南約130m、向ヶ島に五条神社がありその南一帯が城跡。
五条神社五条神社
(神社から南が城跡)
古い祠

市場町 奈良坂城(ならさかじょう)

所在地徳島県阿波市市場町市場字町筋
城の歴史『阿波誌』に奈良太郎兵衛、天正10年中富川の役で討死とある。
主な城主奈良太郎兵衛
城の現状金清谷川の旧流路で削られた三角形状の独立した丘陵、かっては丸山と呼ばれていたそうだが今は畑になっている。城跡の東に旧海軍航空隊基地、市場飛行場の石碑があり、ここから1500mの滑走路が東に延びていたそうである。
前面高台が城跡地(西から東)同じく(東から西)旧海軍飛行場跡
この碑から東へ1500mだそう

市場町 伊月城(いつきじょう)

所在地徳島県阿波市市場町伊月
城の歴史『阿波誌』に「伊月某が世々伊月に居る」との記載があるのみで、詳しくは不明。
城の現状吉野川堤防下の畑の中に伊月城跡の石碑あり。この城跡碑の南北200m、東西100mが城域らしいが南に100mといえば完全に堤防や河川敷に入るが、大正期に行われた吉野川改修工事のためだそうである。東50mには事代主神社があり、そこに五輪塔水輪2基があるとのことだが見当たらず。
伊月城跡事代主神社

市場町 筑紫城(ちくしじょう)

別名大影城
所在地徳島県阿波市市場町大影
城の歴史
城の現状未登城

阿波町 西野川城(にしのがわじょう)

所在地徳島県阿波市阿波町伊勢
城の歴史詳細は不明
城の現状伊勢神社の西側が城跡地。神社の西約50m程の処に「リウド社」という小祠があり、ここに塚があり五輪塔残欠が多数埋もれている。
伊勢神社
城跡は神社より西側
神社西50m程の処にある
畑に埋もれた五輪塔群
西から伊勢神社を見る

阿波町 実宗城(じっそうじょう)

所在地徳島県阿波市阿波町谷島
別名谷島城
城の歴史詳細は不明
築城主新田義宗
城の現状東西南が焼く10mの断崖に囲まれた土地で、北に撫養街道、すぐ南は吉野川市山川町に渡る明王院の渡しがあり、街道と渡河地点が交錯する重要な場所での築城となる。
城跡地白の土塀の向こう
右奥は天理教
城跡を南東方向から城跡地の遠景古寺
谷島(明王院)渡し

阿波町 川久保城(かわくぼじょう)

所在地徳島県阿波市阿波町川久保・三本柳
城の歴史詳細は不明
築城年代文明3年(1471)
築城主三橋上総守海範清
城の現状かって「しょうびけ」と呼ばれた池の南が城跡だったそうだが池はすでに無く、はっきりした城跡地は不明で、「城の元」という地名が残るのみ。
城跡地付近

土成町 自然寺城(じねんじじょう)

所在地徳島県阿波市土成町水田
城の歴史詳細不明
城の現状『阿波郡誌』に自然寺ではなく慈念寺という記述があるそうである。日吉山に城王神社があるが、土御門上皇の陵墓ともいわれている。詳細は不明。
城王神社城王神社自然寺城郭跡

参考文献「日本城郭大系」第15巻、香川・徳島・高知編、徳島県教育委員会「徳島県の中世城館」