▲TOPへ戻る

ベイシー写真館

篠山城

日本100名城登城済城郭(※印未登城)

篠山城航空写真 (C)web

篠山城の歴史・沿革

 1609年(慶長14年) - 徳川家康は、松平康重を常陸国笠間城から丹波国八上城に移し、さらに新城の築城を命じた。これは、山陰道の要衝である丹波篠山盆地に城を築くことによって、大坂の豊臣氏をはじめとする西国諸大名のおさえとするのが目的であったとされる。篠山盆地中心部の丘陵である笹山を築城地と定め、藤堂高虎が縄張を担当した。普請総奉行を池田輝政が務め、15か国20の大名の助役による天下普請により6か月で完成した。
以後、松井松平家一代、藤井松平家二代、形原松平家五代、青山家六代の歴代篠山藩主を経て明治を迎えた。

篠山城模型
鉄門跡(くろがねもん)
再建大書院
アクセスカウンター
篠山城スタンプ

篠山城古図面写真 (C)web

篠山城年表

別名桐ヶ城
城郭構造輪郭式平山城
天守構造建造されず(天守台はあり)
築城主徳川家康
築城年1609年(慶長14年)
主な城主 松井松平家、藤井松平家、形原松平家、青山氏
廃城年1873年(明治6年)
遺構曲輪、石垣、堀
指定文化財国の遺跡
再建造物御殿

ぶらり明智光秀の城&史跡めぐり (ご当地戦国武将・旅行ガイドブック)

新品価格
¥1,650から
(2021/3/25 15:40時点)

グーグルマップ
大手門跡
大手道
大手道東脇の内堀と犬走
史跡篠山城跡
大手門東の犬走り
大手門脇の櫓台
櫓台説明
鉄門跡(くろがねもん)城内より
本丸への石段
天守台
本丸石垣
大書院庭園への門
天守台説明
本丸跡説明
青山忠誠公の偉業
青山忠誠公の偉業説明
青山神社
大書院跡について
大書院・二の丸御殿について
二の丸御殿について
大書院庭園への門
天守台説明
本丸跡説明
青山忠誠公の偉業
大書院庭園への門
埋門(うずみもん)城内より
埋門
埋門周辺の石垣刻印
天下普請の刻印
天下普請の刻印
大書院脇の井戸
二の丸の井戸
二の丸御殿各部屋案内
二の丸御殿各部屋案内
二の丸御殿各部屋案内
南西角の石垣と犬走り
大手門脇の櫓台
南西角の石垣と内堀
北西角の天守台から見る内堀と外堀
北東角からの内堀と外堀
北東角の内堀と犬走り
東側の内堀
西側の内堀
西側の内堀

大書院内展示

大書院説明
再建大書院
大書院廊下
大書院縁側、庭
移り変わる篠山藩主
篠山城と城下町
大名と領地
大名と国替え
大書院の復元

Copyright © 2015 copyrights.basie.mobi All Rights Reserved.